ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 企業団の概要 > 令和4年度予算

本文

令和4年度予算

更新日:2022年2月3日更新 印刷用ページ表示
<外部リンク>

令和4年度予算書 [PDFファイル/966KB]

令和4年度予算の概要

 令和4年度予算は、第15次経営戦略に基づき3つの事項を重点施策に掲げ、その着実な執行に取り組むこととして必要な経費を計上しました。

1 安全で安定した水道用水供給を持続するための導・送水管路更新の計画的な推進

3,090百万円

導水管更新に伴うトンネル築造工事

2 既存施設の現況に即した保全工事及び更新工事の着実な実施

4,365百万円

  1. 保全工事  914百万円
    ・経年化施設の長寿命化に資する保守管理及び修繕の実施
      排水処理施設脱水機、粒状活性炭入替、オゾン処理設備等の保全工事

  2. 更新工事  3,451百万円
​    ・更新事業(第3次)に計上された施設更新工事の着実な実施
      受水槽遠方監視制御設備、取水ポンプ電気設備、
​      送水ポンプ速度制御装置等の更新工事

3 企業団を取り巻く環境の変化に対応するための施設能力強化策の推進

   498百万円

  1. 異常気象などによる自然災害への各種対策  49百万円
      浸水対策(内水氾濫)実施設計業務委託、
      睦水管橋落橋防止装置設置工事 等

  2. 水質管理の高度化に対応するための水質試験棟の築造  91百万円
      水質試験棟築造に伴う造成工事 等

  3. 安定給水に向けた浄水処理能力確保のための施設改良  358百万円
      沈澱池沈降装置等更新工事、
      沈澱池迂流壁改良工事  等


1.収益的収支の概要(消費税込数値)

 業務の予定量については、構成団体の受水要望量に基づいて、年間総給水量を前年度当初比0.07%増の165,455千立方メートルと、一日平均給水量を453,300立方メートルと予定しました。

(1)事業収益

事業収益は、前年度当初比1.5%増の13,298百万円を予定しました。

事業収益 13,298百万円  対前年度比 +1.5%


  1. 給水収益 12,455百万円
  2. 長期前受金戻入 569百万円
  3. その他 274百万円

(2) 事業費用

事業費用は、前年度当初比7.3%増の11,589百万円を予定しました。

事業費用 11,589百万円  対前年度比 +7.3%


  1. 人件費 681百万円
  2. 業務運営費 5,076百万円
    (委託料1,100 修繕費926 動力費1,297 薬品費587 負担金804 その他362)
  3. 減価償却費等 5,373百万円
  4. 支払利息 459百万円

(3) 損益(消費税控除後)

当年度純利益1,012百万円と予定しました。

2.資本的収支の概要(消費税込数値)

(1) 資本的収入

資本的収入は、前年度当初比7.0%増の934百万円を予定しました。

資本的収入 934百万円  対前年度比 +7.0%


  1. 企業債 934百万円

(2) 資本的支出

資本的支出は、前年度当初比11.4%減の9,613百万円を予定しました。

資本的支出 9,613百万円  対前年度比 △11.4%


  1. 水源施設費 83百万円
    思川開発事業に係る水特事業・基金負担金
  2. 改良事業費 7,077百万円
  3. 建設改良費 258百万円
  4. 企業債償還金 2,195百万円

※2.改良事業費、3.建設改良費については、令和4年度建設改良工事の概要 [PDFファイル/128KB]を参照ください。

(3) 収支差引(資本的収支不足額)

 資本的収支における不足額8,679百万円については、当年度分消費税資本的収支調整額659百万円、減債積立金499百万円及び損益勘定留保資金7,521百万円で補てんする予定です。

3.予算の内訳

収益的収支

    収益的収支


(消費税込数値 単位:億円)

資本的収支

      資本的収支


(消費税込数値 単位:億円)

(注) 端数調整により、合計数値が一致しない場合があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)